マイナンバー制度 反対意見のまとめ

マイナンバー制度に反対する意見のまとめです

スムーズではないマイナンバー制度

 

マイナンバー制度がついにはじまったわけですが、全国の国民への到達率が高くありません。最初からつまずいてしまっているように感じます。不在の場合は致し方ないとして、結構な数の受け取り拒否が発生しているというのは、どういうことなのでしょうか。

 

制度がまだはじまったばかりで、その全貌がまだよくわかっていません。私たちの生活のどういった部分が便利になるのかよくわかりません。制度に対する説明が不足していると思います。

 

年金の問題対応から容易に想像できるのは、データが漏洩してしまうことです。このような事件は必ず発生するものと思っていて間違いはないはずです。マイナンバーというものは、ビッグデータの中でも特に価値のあるものなのです。職員によるデータ漏洩がとても心配なのです。


 

 

 

 

業者の言いなりで、経費の無駄にならないかが心配

 

マイナンバー制度は十分な周知や準備が進む前位に見切り発車で決まってしまった感がぬぐえないです。様々なマイナンバービジネスが生まれる一方で、マイナンバーを仕掛けた行政側の人間が不正を行っていたことも明らかになっていて、全体がそうではないものの、本当に必要な制度だったのか疑念が付きまとっているのが現状です。

 

中小企業への負担があまりにも大きい事から、中小企業連合が各省庁にマイナンバーの記載がない書類であっても受け取るように要請したと言う話もあります。その結果ですが、マイナンバーを記載しなくても問題は無く、罰則も生じないと言うものでした。

 

しかし、その情報が新聞で流れる事は無く、情報漏えいの罰則などを声高に叫ぶマイナンバービジネスが数多くあります。実際に有効に活用される情報がどれだけあって、どれだけ良いものであるのか、国民自体も知らないまま、様々な形で料金を取られ、結局は不利益になるのではと危惧しています。


 

自由主義社会の崩壊の恐れ

 

反対です。
個人の情報を国家が管理する仕組みだからです。
行政手続きの簡素化を実現し、国民の行政サービスが向上するだけの、利便性の高い仕組みなら歓迎ですが、個人の情報があらゆる行政機関でリンクして、統制的に使用される危険性をぬぐえないからです。

 

国家が情報を一手に集めて運用する仕組みというのは、極めて危険な仕組みです。
情報漏えいはその最たるものですし、思想統制や、言論統制など、時の政権が権力を使う根拠となる恐れが全く否定できない仕組みだからです。

 

もっと言えば、憲法の条文解釈を、憲法そのものを変更することなく、解釈だけで変更してしまう現政権がこの制度を普及させようとしているからです。

 

信じられない政府が行う手続きで、しかも個人の秘密が明らかになる仕組みなど、到底賛成することはできません。


 

 


HOME 愚痴りたい・・・ 指名を増やしたい マイナンバー制度とは