キャバ嬢愚痴りたい・・・

愚痴りたい・・・

キャバクラで働いていると、様々な悩みや愚痴が出てくると思います。そんなアナタが溜めている声をお聞きします。

 

そんなあなたの為に、「聞き屋」というサービスを行っています。あなたの愚痴や不安なこと、なんでも結構です。あなたのお話をお聞きします。

 

お電話でも直接お会いしてでも可能です。

 

もちろん秘密厳守で対応しますので、お気軽にお問い合わせください。
※料金は、30分3500円〜となっております。

 

お問い合わせはコチラ

 

悩みや愚痴の一例

 

女性同士の取っ組み合いも発生

 

キャバクラで働いていましたが、キャバクラ嬢同士での喧嘩や言い争いがたえないお店でした。

 

出勤の時は時間もまばらだし、同伴だったりで顔を合わせることがなかったり自分の身支度で忙しいということが多いのですが、お店の閉店後はアフターに行く子もいましたがお酒も飲んで絶好調な感じで気に入らなかったことを言い出す子がいるんです。

 

そうすると周りも火が付いたように私のお客さんをとっただとか、ドレスやメイクの真似をしているだとかお客さんの接客でたまったストレスを発散している部分もあるのかくだらないことで喧嘩や言い争いをしていてバカバカしかったですね。

 

酷い時には取っ組み合いになったりすることもありましたし、女性同士とは思えない感じです。

 

成績によって時給アップになったりするわけですから多少の嫉妬や足の引っ張り合いと思えばそうなのかもしれませんが。関わらないようにしようとクールに傍観していても暴言を吐かれることもありそうすると自分の怒りのボルテージも上がってしまうわけで取っ組み合いに参加してしまったことも数回ありました。


 

キャバクラでさわってくる客が大嫌いです。

 

私はキャバクラで5年ぐらい働いていますが、やっぱり客が嫌だと本当にイヤな気分になります。私が一番イヤな客はなんといっても普通にさわってくる客です。まぁ、キャバクラなのでちょっと手を繋いできたりするのはいいのですが

 

たまにスカートの中に手を入れてきたり、お尻をさわったり、酔ってくると胸を揉んでくる客もいて、本当に苦痛です。何が勘違いしているとおもいます。

 

でも、お客様なので当然笑顔で「やめてくださいねー」っていうのですが、心の中ではかなり怒りに燃えています。

 

女性をさわりたかったら、もっと高いお金を払ってそういうお店に行けばいいのにとおもってしまいます。行くお店を間違っています。

 

夜のお店にもちゃんとルールはあります。それを守れない客は本当にうんざりしてしまいます。本当はさわってほしいんでしょ?とは耳元で言われた時は鳥肌がたってしまいました。

 

「えー」って適当に言ってごまかしましたが、気持ち悪かったのをおぼえています。


 

キャバクラバイトが生活のメインに

 

お金をたくさん稼ぎたいと思って学生時代に始めたキャバクラの仕事。学業との両立のためにフルで働くのではなくて4時間くらいサクッと仕事をして終電までに家に帰れるようにしていたのですが、どんどん状況が変わってきてしまったんです。

 

もちろん最初の頃は早上がりをさせてもらっていました。けれど出勤している女の子の人数が少なかったり、急にお休みがあったりするとお客様がたくさんいるのに女の子が少ないなんて店側からすると信用問題になってしまうようでお仕事延長になってしまって。

 

断っても良かったんでしょうけれど何となく断りにくい雰囲気で、たまにだったら仕方ないかと思っていたのにその回数が増えて、気が付いたら終電で帰っていることがほとんどないという状況になってしまいました。

 

その分お金はもらえたけれど、終電後の帰宅のお店の車での送りはお金も取られたし、睡眠時間も減ってしまって大学生活>キャバクラバイトのはずが大学生活<キャバクラバイトになってしまって上手く生活が回らなくなってしまいました。


 

 

想像以上に大変なキャバクラ嬢

 

過去に都市部のネオン街でキャバクラ嬢をやっていました。高額な報酬につられて面接を受けて働き始めましたが実情は違っていました。

 

書ききれないぐらい言いたいことはありますが、その中でも酷い話しを書きます。私の働いていたお店は結構繁盛していてキャバ嬢も20名以上在籍していました。

 

もちろん、キャバ嬢の指名人気ランキングでトップ争いが激しく、入店後まもなく上位になった私は衣装を破られたりする嫌がらせを受けました。すると全て使用者が自腹で弁償しないといけません。私は何度も嫌がらせで衣装を破られました。次に、お得意のお客様が気に入ってくれて指名してくれるのは嬉しいのですが肉体関係を求められたり、最悪はストーカーに発展し自宅近くまでついて来られたこともありました。

 

また、基本的にこの職種で働くのにお酒が飲めなくてはいけないので、お客様に付き合って毎日飲んでいると最終的に肝臓を壊してしまいました。病気でお店を休んでも罰金などの名目で報酬から勝手に差し引きされていることもありました。

 

とにかく、夜の仕事なので昼間、会社で働くような常識は通らないことことが多くて嫌になり辞めてしまいました。


 

お酒飲めない

 

キャバ嬢経験のある私ですがお酒が飲めなかったので、とても辛かったですね。飲むとすぐ赤くなってフラフラになってしまうため、ほかのキャストさんやお客さんにも迷惑をかけることが多々ありました。

 

ドリンクを頼める時はノンアルコールでジュースを飲んでいましたが、どうしてもお客様のお酒やボトルを飲まなくてはいけないタイミングが絶対に来るのでその時は本当に悪夢にしか思えませんでした。

 

お酒が飲めるキャストは、お酒を飲むことで売上を稼げるし、ボトルをどんどん追加したりシャンパンなどを何本も入れていただけたりするので、とても羨ましいし、お酒の強いキャストに憧れていました。

 

またお酒が好きでくるお客様が多数なので、一緒に飲めない私は、申し訳なさでいっぱいでしたね。

 

だから会話で楽しませなくてはいけないプレッシャーを勝手に自身で感じていて、働きながら辛さも感じていました。また、自分の飲めない分を他のキャストに飲んで貰ったりすることもありました。

 

飲めないのは、本当に損だと思いましたね。


 

お店に振り回された

 

かなり昔の話ですが家の近所にあるキャバクラに勤めていた時の話です。新しくオープンするので募集があり面接に行きましたが、その時は「普通のキャバクラですので」とあまり説明がありませんでした。

 

オープン前に顔合わせがあると言うので行ったところ「ミニスカパブ」であると言われて、下着が見えそうなくらいかなり丈の短いスカートを支給されました。

 

私は自分でスーツやワンピースなどを用意していたので衝撃でした。他の方達も言われていなかったようでかなり困惑をしていました。ミニスカとは程遠い感じの綺麗な方もいたので少し可哀相でした。

 

オープンしてからはやはり「ミニスカ」というふれ込みで来店されるお客様も多く、どちらかと言うとお触り目的で来店される方や「パンツが見えない!」とケチをつけて無理矢理スカートをめくるお客様もいて本当に嫌でした。

 

その後、郊外のキャバクラと言う事もあり集客もあまりなかったので、ちょうどお店に小さなステージがあったのでそこでメキシコ人によるショータイムを始めると言い出しました。

 

どんどん自分が思っていたお店とは別の方向に行き出して、お客様もショーを楽しみに来られる方の方が増えてしまい、私たちキャバ嬢はお飾りのようになってしまいました。

 

それから1年も持たずにお店は閉店しましたが、最初から最後まで振り回されたなと感じたお店でした。


 

めんどくさいお客たち

 

キャバクラで働いていると、毎日色んなハプニングが起こります。

 

例えば、昨日まで凄く仲良かった女の子がお客さんとのいざこざで急にイジメをしてくるようになったり、店長やマネージャーからしつこく誘われて、断ったらお店をクビになったり家族にバレて、お父さんがお店に偵察に来たり…

 

ほんとに色んな事を経験してきました。

 

でも、中でも一番めんどくさいのは言うまでもなくお客さんです。

 

もちろん中には、私のことを何年もサポートしてくれるお客さんたちもいます。そしてそんな人たちのおかげで楽しくお仕事出来ているのですが、中にはキャバクラの女の子を商品のように思ってるお客もたくさんいます。

 

ある日、新規の団体客がきたため私はそこの席につきました。入るやいなや、お客が""可愛くねーなー!チェンジ!""

 

と言って笑いを取りはじめました。

 

レストランでおまかせを頼んで、見ためがあまり好みでないものが出てきたってシェフの前でそんな事言わないのに

 

生身の女の子にはそんな事を平気で言うんです。

 

毎日そんな風に傷つく言葉をかけられながらも、わたしたちは生活の為に、笑顔でお客たちを楽しませるように頑張っています。女は強いですね。


 


HOME 愚痴りたい・・・ 指名を増やしたい マイナンバー制度とは